人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

コーラスライン

leave a comment »

今日、劇団四季「コーラスライン」を観た。

コーラスラインは初めて観たのだけど、四季だけあってクオリティは高かったと思う。 芸術、文学、音楽。心を揺さぶるアートは時代、ジャンルを問わず幸せにしてくれる。いいね。

ストーリーはいたってシンプルだ。

(以下、四季HPより引用)

ブロードウェイで新作ミュージカルのコーラスダンサーを選ぶオーディションが行われている。最終選考に残った17人が、1本のラインに並ぶ。演出家ザックが彼等に問いかけた。

「履歴書に書いてないことを話してもらおう。君たちがどんな人間なのか」

 姉さんのレッスンにくっついていっただけなのに、いつの間にか自分がダンサーになっていたマイク。複雑な家庭環境の中で、何もかもが美しく夢のようなバレエに憧れたシーラ・マギー・ビビ。音痴のクリスティン。高校の芸術コースで落ちこぼれて、独学で女優になったディアナ。美容整形を受けてからどんどん仕事に恵まれるようになったヴァル。女装のショウで踊っていたポール。そしてザックのかつての恋人で、スターへの階段を踏み外し、もう一度やりなおそうと戻ってきたキャシー。

戸惑いながらも、一人一人が自分の人生を語りはじめた。自分の人生では誰もが「主役」であり、境遇も悩みもそれぞれである。選考が進んでいくうちに、ポールが足を痛めてしまう。全員がかけより手を貸す中で、オーディションの下、共に舞台を目指す仲間意識が生まれていることに気がつく。そんな中、演出家ザックは皆に問いかける。

「もし、今日を最後に踊れなくなったらどうする?」

(引用終わり)

僕にとっては、就職活動をしていた頃の自分を見ているようでもあり、「お金や地位を人生に求めている人はここにはいない」そんな言葉に昔の自分を重ねたりもする。僕がそうであったように、今日演じていた四季の団員たちも生活を、夢をかけてオーディションに挑んでいる役に自分を重ねていた。そんな思いが伝わってきた。

劇団四季の上演開始当初は、オーディションを描いたこのミュージカルの出演者を、オーディションで選んだという。ミュージカルではあるが、実際に目の前で演じている生身の人間の人生を賭けた、そんなリアルな舞台だったのだ。

ブロードウェイで6137回公演、観客動員数664万人。そして日本での公演1000回を超えてもなお、現在も世界各国で上演され続けているその魅力は、まさにこのリアルな迫力が持つドラマ性と、演じる役者が自らの人生を役に重ねて役者人生をかけて伝えてきた思いに他ならない。

琴線に触れることができるのは、いつの時代も人が魂を削って伝える情熱なのだ。

「もし、今日を最後に踊れなくなったらどうする?」
演出家の問いにダンサーたちはこう答える。
「悔やまない 選んだ道がどんなにつらくても全てを捨てて 生きた日々に悔いはない」

胸をはってそう言える、そんな人生を歩んでいきたいね。

広告

Written by shunsuke

2006年5月31日 @ 12:48 AM

カテゴリー: 音楽

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。