人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

Archive for 6月 2006

ワールドカップと日暮巡査

leave a comment »

ワールドカップを見ていて、ふとある人物を思い出した。
「こち亀」に出てくる日暮巡査
普段は寝ているが、四年に一回オリンピックイヤーに目覚め、超能力で事件を解決する。
そういえば、ワールドカップもオリンピックも四年に一回だ。
流行、廃れ、世代交代。
きっと、何かを区切るのには、振り返るのにはいい周期なのだろう。

今から四年前、僕は大学六年生だった。
そのまた四年前、大学二年生だった。
さらに四年前は高校一年生。

四年前一緒にワールドカップを見た友人は、既に一児のパパ。
僕はというと、未だ社会人一年生。四年前のこともつい最近のことに感じる。

人生には、大きなターニングポイントが三回訪れると聞いたことがある。
振り返ってみて、1998年から2002年までの四年間はこれまでの人生の中で一番大きな転換を迎えた四年間だった。
正確に言うと、2000年から2001年。
旅をし、留学をした。
刺激と興奮の毎日。
そして病気にもなり、苦しんだ。
だからこそ、今の自分がある。

四年後、果たして僕はどこにいるのだろうか?
現地でワールドカップ?
また、ターニングポイントを迎えるのかもしれない。
一日一日を大切にしろってことだな。

広告

Written by shunsuke

2006年6月28日 at 3:08 AM

BISTROT “Passe Passe”

leave a comment »

つくば滞在最後の夜、つくばでの恩人とビストロ「Passe Passe」へ。
地元、茨城の豚を春菊のソースでいただく。
日本食材をすっと違和感なくフレンチに取り込んでいる感じ。「パリ食堂」より上品で手がこっている。
オードブルからデザートまで、口に入れた瞬間「ん・・・これは何だ?」と感じさせるそんな仕掛けが随所に散りばめられていた。
満足な一夜。
つくば在住者には、ちょっと上品なごはんを食べたいときにおススメです。

そして、大学院の同期とお店で思いがけない再会。
修了後、調理の道を志し、ここで働いているという。
土壌の研究をしていたというから、食材とは土つながり。
こういう思いがけない出会いがあるのも、狭いつくばならでは。
応援してます。頑張って!

Passe Passe HP
http://www2.accsnet.ne.jp/~passe2/index.html

Written by shunsuke

2006年6月22日 at 8:41 PM

カテゴリー:

ふるさと

leave a comment »

先週末、二ヶ月ぶりにつくばを訪れた。
「自分の帰る場所」
小さい頃から転勤ばかりだった僕にとって、初めてそう感じた場所がつくばだった。
今から9年前、18歳の時に住み始めて以来、9年間筑波にいたことになる。
その間、旅をしていても、留学をしていても帰る場所はつくばだった。
歩きなれた道、食べなれた味、そして変わらず刺激的な友。
僕にとってのふるさとはここなんだなあ。
このことを再確認。

ただ、旧知の知人と話していて、学生の頃のように会話がどんどん膨らんでいく、展開していくワクワク感がない。
どうしたんだろう?
話をしていてもまるで、さび付いてしまったブランコを力ずくで動かしているかのようだ。
相手に合わせるのが精一杯。
頭の中でギイギイ音が聞こえる。

友人に言わせれば、「頭が会社員になったんだよ」とのこと。
仕事だったらどの観点から見るだろう?どう仕事に活かせるだろう?
何を考えるにしても、会話の中でそこを出発点にしている、比較軸にしている自分がいた。
ちょっと、ショック。

そして、学部の同級生の結婚式二次会ですでに既婚者がマジョリティ。
おいおい、まだ27だぜ。
こっちは、もっとショック。

Written by shunsuke

2006年6月21日 at 9:18 AM