人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

違いを越えること

with 2 comments

今日、中国からの研修生の送別会を開いた。彼らは中国で採用後、ほとんど日本語を話せない状態で来て、1年間日本で研修をしていた。そして、来週母国へと帰る。

きっと、言葉に表せないような苦労や悔しさもあったことだろう。自分の常識が通じない場所での不安やいらだちは時に何倍も大きくなる。自分が以前そのような環境にあったからこそ、1年間が無事終えたことを祝いたい。そう思ってのことだった。

一次会、手羽先・味噌カツ・火鍋。
二次会、カラオケ周華健大熱唱。
三次会、ビリヤード&ボウリング。
健康な送別会。

送別会が終わった今、改めて気がついたことがあった。僕は人が心地よくいてくれる瞬間が、やっぱり一番好きな瞬間なんだなと。それが、互いのバックボーンが違えば違うほどその喜びは大きい。それが、感謝だったり、歓迎だったり、惜別だったり。その中でもやっぱり、出会いと別れには相手が心地よくなるような、嬉しくなるようなそんな気持ちを伝えたい。

言語、文化、宗教。どんなに違いがあろうとも、基本的な感情は変わらない。そして、そこを越えるのに言葉は特に必要ない。懇切丁寧な賛辞より、屈託のない笑顔のほうが時に人は心を開く。大切なのは、どう伝えるのか。そのために必要な情報をどれだけ持っているのか。そこで初めて言葉が必要になってくる。違いを越えて伝えること。このことはやっぱり、僕にとって人生のテーマの一つだ。


いくつになっても、どんな環境、どんな相手でも気持ちをはっきりと心から言葉と態度で伝えられるような大人になりたいなあ。

朋友们

我无法知道什么时候你们看得到这个日记。但我现在非写下来不可,为了表达我感情。

我在这儿认识你们真高兴。通过跟你们的交流我收到了很多刺激,你们把我的生活更愉快。我们是不仅单位的同事,也是共享一个目的,梦想的朋友。我有了这样朋友感到自豪。我想象,这一年你们饱经了风霜,有时候想念了你老家,老朋友。你们已经过了难关。这个经验让你们成长了。将来面临困难这样时,就想起在日本过的日子。什么样的障碍也能渡过。

我希望总有一天,咱们再度过愉快的时间。

过着你爱的生活,爱你过的日子

俊介

広告

Written by shunsuke

2006年9月24日 @ 3:03 AM

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 過着你愛的生活,愛着你過的日子!
    すごーい、えらーい……
    中国語に–功夫深、
    書かれた文書に感動しました!
    ありがとう~
     

    Unknown

    2006年9月28日 at 5:30 PM

  2. c7です。さすが中国行ってただけあって、読み書きもスラスラできちゃうんだな!!すごい。

    倫子

    2006年9月30日 at 4:35 PM


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。