人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

長寿の秘訣

leave a comment »

福井の続き。二日目、昼は名物ソースカツ丼をヨーロッパ軒本店にていただく。

ふたを開けてみると、白いごはんの上に不思議なものが乗っかっている。一日前のてんぷらのような茶色いころも。まるで寺田屋の定食みたいじゃないか。思わず、一瞬またふたを閉じたくなる僕。「まあ、食べてみてよ」同行者にそう促され一口食べてみると、ソースにつけてあるのにころものサクサク感が残っていて、肉をかんだそのところからソースの甘さと肉のうまみが染み出してくる。

店によると、一度食べるとけっこう卵とじカツ丼派からソースカツ丼派になる人が多いとのこと。だけど、僕にとっては、これはこれでおいしいけどもうカツ丼じゃない。やっぱりカツ丼は卵とじだな。ともあれ、うれしい裏切り方をするソースカツ丼と、これを1913年に創案したというヨーロッパ軒に感謝。

ところで福井への道中、そして福井市内で「なぜか長寿」とのキャッチコピーを何度も目にした。その説明によると、なんと福井県は沖縄に次ぐ第二の長寿県らしい。加えて、女性の長い平均寿命が平均値を押し上げている沖縄と違い、福井は男女ともに平均寿命が日本では第二位の長さだという。これは以外だった。

これまで、僕の抱いていた雪国のイメージは、

雪国→寒いから濃い味(塩分たっぷり)、酒もたっぷり→高血圧→三大成人病

というイメージだった。いい意味で持っていた先入観を裏切られ、久しぶりにすがすがしい感じだ。先入観が固定観念に変わるほど恐ろしいものはない。たしかに一日だけの滞在だけだったけど、北海道よりかは味が濃くなく、何より米も魚もおいしい。これだけおいしいものを食べていたら長生きするなと、そう思う。だって僕なら、長生きしてこのおいしいものを長く食べていたいから。きっと、歯の丈夫な人も多いかもしれないな。

広告

Written by shunsuke

2006年11月1日 @ 2:17 AM

カテゴリー: 旅行

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。