人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

leave a comment »

先週土曜日、少し気が早かったが12月生まれの父に誕生日プレゼントを買った。
 
軽井沢のアウトレットで見つけたトレーニングパンツ。母には何度か送ったことがあったが、よくよく思い返してみても父にものを贈ったのは初めてだった。食事前に、照れを隠しつつプレゼントを手渡すと、まるで子どもが初めておもちゃを買ってもらったかのように喜んでくれた。
 
物心ついた時から、僕にとって父はとても怖い存在だった。何か口ごたえをするとすぐに殴られる、そんな厳しい父だった。小さい頃から週末の度に有無を言わせず、僕をキャンプや山登りに連れて行く。10代の頃、僕はそんな父が嫌いだった。僕の言うことを聞いてくれない、僕のことを嫌いなんじゃないか、そう思ったこともあった。
 
20代になって自由な時間ができた時、ふと山がそして自然が好きな自分がいるのに気がついた。あれだけ嫌だった山に自らお金と時間を費やして赴いている自分がいた。これは血なんだな。そう感じた時、初めて父が僕ら家族と一緒に山にキャンプに行った理由がわかった気がした。
 
その後、僕は大学院で森林資源管理を研究し、それに深く関わる仕事を選んだ。きっと父の影響がなかったら、大学院で研究をすることもなかったろうし、今の仕事を選ぶこともなかった。そしてここ最近、こうして働き始めて30年以上の間家族のために働いてきた父の苦労が多少なりとも理解できるようになってきたと思う。
 
思い返せば、父の口から仕事の愚痴を聞いたことは一度もなかった。家族のために働き、そしてそれなりの結果を出し、今父は第二の人生を歩もうとしている。すごい人なんだと、改めて父の大きさを実感した。今、父が愛情を持って僕に接してくれていたことを心から感謝している。そして、父の影響を受けて自分の道を選んでいったことを誇りに思う。
 
あと二年もすれば、父は仕事を辞める。ずっと忙しかった父にも時間ができるだろう。そしたら一緒に、二人で山登りに行きたい。そして、これまで言えなかったこの言葉を伝えたい。これまで育ててくれてありがとうと。
広告

Written by shunsuke

2006年11月13日 @ 1:20 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。