人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

10年

leave a comment »

週末、学部時代の同期の呼びかけで「進路相談会」へ行く。

きっかけは、友人の一言。もう大学に入学してから10年、大学卒業してからみんなそれぞれいろんな道を歩んでいる。そろそろ僕らが考えてきたこと、経験してきたことを後の代に伝えるときなんじゃないか。 

当日、1-4年生の学生10人くらいと話す。10年前に僕が何を考えていて過ごしていたかを想像すると、自分が恥ずかしくなるくらい、考えて行動している学生ばっかりだった。自らの経験の積み重ねからしか、自分の将来を描くヒントは生まれない。それだけ、将来の自分を描くのに必死な学生ばかりだったように思える。

10年前の日本はまだ希望があった。出口の見えない不況と言われていたけれど、未来があった。今はどうだろう。人口が減り始めて、老人だけは増えていく。地方の財政は崩壊し、社会保障は崩れていく。わかっている人はきっとわかっているんだろう。ただがむしゃらに働いていれば報われるという世界が終わったことを。

広告

Written by shunsuke

2007年1月21日 @ 10:04 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。