人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

南寧の街のようす

leave a comment »

南寧の最終日、ようやく少し街を歩く時間ができた。外に出るとやたらとビルの電飾が目につく。電飾が好きなのはどこの土地でも変わらないけど、普通のマンションまで電飾で飾っている。現地スタッフに聞いたところ、12月12日に広西チワン族自治区50周年記念祝典があり、党中央指導部が南寧にも来たため自治区政府の指令で飾り付けたとのこと。
 
 
「ほら、電飾で飾るときれいでしょ」とローカルスタッフの意見。まあ、きれいの感覚がいかにも中国らしい。50周年イベントの跡は街のいたるところに残っていて、少数民族とは思えない洗練されたモデルが民族衣装を着て看板に並んでいた。
 
 
オリンピックでも問題になったけど、人も仕事も上っ面重視でその場だけ何とかなればいいって感じ、これも中国だなあ。もちろんそんなこと、そんな人ばかりではないけれど、仕事でも見かけをとりつくろったり…そういったところが気になるのもまた事実。
 
 
ちなみに南寧は大都会だった。8年前に一度来たことがあったけど、もうまるで別世界。単純計算でGDPが当時の二倍半くらいになっているわけだから、それも当然のこと。層ビルが立ち並び、街のいたるところで建設ラッシュが続いていた。
 
 
ただ、翌朝道を歩いた時工事中のビルは多いものの、作業している人の姿は見当たらず、作業の音がほとんど聞こえてこなかった。金融危機の影響で中国の銀行もキャッシュが相当厳しいからなあ。たぶん南寧に限らず中国全土、こんな感じだろう。大丈夫か?
広告

Written by shunsuke

2008年12月17日 @ 10:28 PM

カテゴリー: 南寧での生活

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。