人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY3: マチュピチュは今日も雨だった

with 4 comments

朝4時30分に強力目覚ましの音で目が覚める。あれ?どこにいるんだろう?目を開いた瞬間、いつもと違う天井に戸惑いながらもゆっくりと記憶が戻り、長い間飛行機に乗ってここまで来たことを思い出す。
 
そうだ、今日は朝からマチュピチュへ行くんだった。そう思い出し、布団をのけ窓を開けた瞬間、耳と鼻から雨の匂いと音が伝わってきた。せっかくの日なのに雨。しかも土砂降り。まあ、嘆いても仕方ないので5時半から出ているバスに乗って、遺跡へ向かいゲートに並ぶ。
 
ゲートについても周りは霞んで何も見えない。係員によると、ここ一週間くらいずっと朝がたは雨だとのこと。「昨日も8時くらいまでは雨で、そこから晴れて遺跡の向こうに虹が見えたんだぜ。きっと今日もそうさ」前後になったデンマークからの家族づれとそんな楽観的なことを話しながら励まし(慰め?)あう。
 
15分ほど並んで遺跡の中に入っても雨はやまず、霞はとれず。遺跡を見渡せる高台からお約束の構図の写真をとったんだけど、霞んで何の遺跡かもわからないくらい。うーん、それほど期待はしていなかったのだけど、正月のタージマハルといい見られないのはさすがに悲しい…
 
 
まったく、何も見えないわね…ま、人生なんてこんなもんさ。なーんて語っていたのかはしらないけど、雨の中遺跡を前にたたずむフランスからの老夫婦。
 
 
9時を過ぎても天気は変わらず、待っていても仕方ないのでワイナピチュへ登ることに。10分くらいかなと思っていたら、意外と険しい石段の道で足元が濡れていたこともあり30分くらい時間がかかった。頂上に着き、半そでになって涼んでいるとおもむろに霞が晴れ、雲の切れ間から太陽が注ぎマチュピチュの遺跡が見えた。つづら折りの坂道がまるで日光のいろは坂。
 
 
マチュピチュの遺跡自体はまあ写真で見たとおりという感じで、それよりもワイナピチュから眺めた時、よくぞこんなところにつくったなっていう驚きのほうが強かった。マチュピチュの建設理由は謎が多いみたいだけど、山の上につくったのは神である太陽に近いところで生活するため、との理由が一番しっくりくるような気がした。
 
ワイナピチュから下りたあと、すぐに街に戻り列車でオリャンタイタンボへ向かう。行きと違って帰りの列車は、3泊4日で歩くインカトレイルの帰りの客で大賑わい。列車のはサービス精神旺盛で伝統舞踊のショーがあったが、客は疲れていて眠そうだった。
 
 
と思ったら、伝統舞踊の後にアルパカファッションショーが始まってセクシーな衣装で出てきたら、みんなすっかりお目覚め。男性陣大喜び。
 
 
一時間半でオリャンタイタンボに到着。この町は古来から街道の要所だったらしく、今でもインカ時代の石畳の道、石造りの家並みが残る。そんな街を歩いていると一軒の家の前に赤いビニールが棒の先にクルクル巻かれて出ていた。
 
 
家の前でボーっとしていると、家の人が出てきて「これは家でつくっているお酒ができたよっていう合図なんだよ」と教えてくれた。ここで「せっかくだから飲んでいくかい?」とのうれしいお誘い。もちろん!と返すと家の中に招いてくれ、トウモロコシでつくったビール(Chicha de mais)が出てきた。
 
 
味は甘みよりも苦味が強く、そんなにおいしいとは言えない。でもインカ時代と変わらぬ作り方でつくられたお酒を、当時から続く石造りの家の中でいただくのは実に贅沢な時間だった。名所めぐりもいいけど、やっぱりこういう地元の人との時間が僕は一番好きだ。夜になって雰囲気の出てきた町並みをパシャリ。
 
 
南米に着いて丸一日。三年半ぶりのスペイン語にもだいぶ慣れ、かなり思い出してきた。ペルーのスペイン語は結構聞き取りづらいのかなと思っていたけど、中米とさほど変わりなく聞きやすい。さあ、明日はインカの都、クスコだ。
広告

Written by shunsuke

2009年5月10日 @ 8:52 PM

カテゴリー: 2009/04 Peru, Bolivia

コメント / トラックバック4件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 雨で遺跡がかすんでいたのは残念でしたね。でも、考えようによっては、きれいな光景は写真で見られる、こういう景色こそ、その場にいなければ味わえない醍醐味?(メキシコに来ていたら、遺跡を訪れることすら出来ませんでしたよ、今は。)土地の人の手作りのお酒をいただいたなんて、それこそ旅の醍醐味。素敵な体験でしたね。

    裕子

    2009年5月11日 at 1:24 AM

  2. > ヒロコさんたしかに雨上がりの虹は見られませんでしたが、雲の切れ間から見えてきた遺跡は情緒感たっぷりでした。手作りのお酒、手放しでおいしい!というわけではなかったのですが、味よりも思い出に強く残りました。やっぱり名所よりもこっちがメインですね。

    Shunsuke

    2009年5月11日 at 11:50 PM

  3. マチュピチュ、天気は残念でしたけどいけてよかったですね。それにしてもものすごい観光地なようで驚きました。夜の町並み素敵ですね~。

    Wakabun

    2009年5月16日 at 10:04 AM

  4. > Wakabunマチュピチュ、すごい観光地です。欧米、とくに北米からはアクセスしやすいし。個人的にはマチュピチュの遺跡よりも、インカ時代のものが残る石畳と石造りの家々がとても気に入りました。古いんですけど、それを今にいかしている街ってとても魅力的ですよね。

    Shunsuke

    2009年5月17日 at 2:36 PM


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。