人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

南寧でのミッションについて考えてみた

leave a comment »

南寧行きを控えてぼちぼち向こうでのミッションに向けて準備を始めました。書いておかないと忘れてしまうので、向こうに行ってから初心を忘れないためにも書きとめておこうと思います。
 
①経営安定かつ事業の将来に道筋をつける
 
僕が行くことになる会社はある程度現状は安定しているのだけれど、発展戦略が見えてこなくなっている。同業他社頼みのところもあるのだけれど、一番大きなミッションは収益向上に加え会社の将来のビジョンを示して実行に移すこと。具体的には森林認証材による高付加価値製品の開発、もしくは川下の加工段階までの出資といったところか。 
 
②会社にも地域にもメリットのあることを事業の枠組みでつくりだす
 
土地を資本としている企業として、その土地に暮らす人々との良好な関係なしでは安定した事業継続は不可能。だからこそ、彼らの土地で得た利益はその土地の人々と共有すべきと思ってる。難しいことはわかっているけど、既存の事業枠にとらわれずビジネスの一環としてその土地に暮らす人たちにこれまでになかった選択肢を提供したい。
 
③ODA(草の根無償、JICA)を活用してワクワクできそうな地域貢献活動を継続的に行う
 
広西チワン族自治区に進出している数少ない日系企業、かつ農村に対してダイレクトに接している企業として地域と日本とをつなぐ役割を担いたい。むしろ個人的にはそれが責任だと思ってる。具体的に今考えられるのは事業対象地域での教育支援や農林業技術支援、日本語を学んでいる中国人学生への支援あたりか。それらをNGOや協力隊員と連携しながら産官連携という形で継続的に行いたい。
 
④事業での経験を研究にフィードバックする
 
個人的なミッションになるのだけど、運よく科研費プロジェクトに加えてもらえることになったので、事業での経験を中国の農村と農民にとって少しでも役立つような研究として残したい。実際の経験を多くの人と共有することで新しい化学反応が生まれるはず。やっぱり、学問は現実の問題に対して解決策を導くために存在しないといけないと思ってる。
 
今日、科研の研究会に出たあとこんなことを終電の中で考えていました。研究会では久しぶりに頭を使ったらひどく疲れた。もっと勉強しないと。
広告

Written by shunsuke

2009年5月31日 @ 2:10 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。