人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

中国とASEANとのFTAについて

leave a comment »

2010年1月、中国とASEANとの間でのFTAが本格的に開始された。中国とASEANは2001年11月にFTAの締結について基本合意に達し、特定農産物を対象にした04年の先行関税引き下げを経て05年1月に工業製品など7,000品目に対象が拡大され正式に発効している。

それ以降ASEAN先行加盟国のインドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピン、ブルネイは2005年より段階的に関税を撤廃して、2010年から晴れて特定品目を除いた全体の93%にあたる品目で関税がゼロとなったわけ。中国のASEANからの輸入に対する平均税率は0.1%になったらしいので、ほぼ無税。ちなみに他の国に対する中国の平均税率は9.8%、日本は2008年度実績で6.7%。

ただもちろん中国、ASEAN各国ともに特定品目を設定して、この分については引き続き一定の関税を課していくことになる。ASEANから中国にモノを輸入する際のコメ、小麦などの穀物、内モンゴルで生産される羊毛、雲南名産のタバコ、テレビなどの主要産品はしっかり保護しているのはさすが。ま、当たり前といえば当たり前か。

  中国の主要な対ASEAN「特定品目」
※ASEAN各国から中国に輸入する際にかかる税率
品目 税率
コメ、小麦、トウモロコシ 65%
砂糖、蔗糖 50%
尿素、リン等化学肥料用原料 50%
綿花 40%
羊毛 38%
テレビ、PCディスプレイ 30%
タバコ 25%
乗用車 25%
天然ゴム 20%
合板、MDF等木質ボード    4%~12%
ダンボール原紙、板紙 7.5%

ASEAN後発加盟国のベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオスは2015年までに先行6カ国から5年遅れて段階的に関税を撤廃していくことになる。中国の報道は「2010年時点で貿易額4兆5,000億ドルと加盟人口19億人の発展途上国最大の自由貿易圏だ!」と大賑わいだった。と探していたらテレビニュースも出てきた。

http://cntv.china.com.cn/video.asp?id=798

ちなみにASEANにとって2010年は区切りの年でASEAN6カ国内での原則8,000品目での関税撤廃、韓国との中国同様のFTA、そしてオーストラリア、ニュージーランドとのFTAも発効となるらしい。そういえば日本とも2009年にEPAも結んでたっけ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000002-fsi-bus_all

ともあれ「ASEANへのゲートウェイ」を自称している南寧にとっては一大転機で、商務部と自治区が中心になって記念フォーラムを開催したので行ってきた。三日間の日程ってことで指定されたホテルに行くと、ホテルからなんとパトカー先導で会場入り。交差点も警察官がいて交通整理、赤信号も関係なく進んでいく。やべ、こりゃ本気だ。

初日はバンケットのあと花火大会。南寧の夜景をバックにフルオーケストラの演奏に合わせてこれでもか!というくらいバンバンあげる。

花火?たいしたことないんじゃない?なんて思っていた僕が大間違い。100mくらい先の目の前で上がる花火の迫力はすごい。ずしんずしんと身体の芯に響いてくるぜ。同行者曰く「北京オリンピックの閉幕式の花火よりすごかった」。

2日目は記念式典。このタイミングに合わせて投資プロジェクトの調印式をしたり、記念講演をしたり。マレーシアのエコノミストの「中国は○○億元の投資をする!と約束してもその金額が実行されないことが多い、ちゃんとしてよね」と堂々と指摘していたのにはちょっとびっくりした。やっぱり言うことは言わないと。今回調印された中国からの投資案件も金額ベースで半分はCBDがお金を出したもの。これってひも付き借款って考えていいのかな?

参加者は300人ほど。政府関係者、研究者、企業関係者。80%が中国の政府、企業関係者であとはASEAN各国からの政府関係者、外資企業などなど。日本人は10名弱。自治区政府曰く「呼んだけどあまり来てくれなかった」とのこと。

二日目の夜にはこんな民族舞踊パーティまで。これでもか!っていうくらいに豪華。

聞いた話によると○○○万元くらい自治区政府は使ったらしい。それを聞いて納得するくらいの豪華さだった。中身が充実したいたというわけではないけれど、気合いの入りようと広西の威信がかかっているということはひしひしと伝わってきた。

それにしても欧米諸国が自由貿易の推進を見直そうとしている中いまだ社会主義を標榜している中国と、反共産主義という意味合いもあったASEANとが経済的メリットという共通の目的事項で手を結ぼうとしているのはなんか皮肉だ。そう思うのは僕だけだろうか。

広告

Written by shunsuke

2010年1月17日 @ 4:43 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。