人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

北部湾って知ってますか?

leave a comment »

8月12日と13日南寧で開催された「第5回北部湾経済圏協力フォーラム」に出席してきた。え?北部湾ってどこ?と疑問に思う人も多いと思う。日本ではトンキン湾と知られるハイフォンから雷州半島まで続く湾のことを中国では北部湾と呼んでいて、ベトナムでもVịnh Bắc Bộと同じ文字を当てているんです(ここね↓)。

広西自治区は中越戦争の影響で90年代初頭まで外資に開放していなかったこともあり、沿海部なのにまだそれほど経済発展が進んでいない。中国はASEANとの関係性の中で、この地域を北部湾経済圏として重点的に開発しようとしている。その中で投資が進んでいますよーみんなだからもっとおカネ落としてくださいねーと内外に向けてアピールするためのイベントがこの「北部湾経済圏協力フォーラム」なんです。

フォーラムの出席者は政府関係者、学者、企業関係者など400人ほど、うち9割が中国人であとはASEANからの人やその他の人たち。そのうち日本人は僕も含めて5人だけだった。日本からはなかなか見えづらい地域だけどちょっと寂しいね。そんな中、呼んでもまったくメリットのない僕が出席しているのはあまりに外国人が少ないから少しは呼んでおかないとハクがつかないからだろう。会場はこんなところ。

このフォーラムの見せ場が、北海、欽州、防城港、南寧地区に投資が決まったプロジェクトの調印式。投資額何億元!何十億元!といったプロジェクトを調印していく。というこういう時は承認されている計画だけでなく、いつか投資したいねーという計画まで投資額に含めてしまうので、ほんまかいなというような投資額が発表されるのも面白い。こうなるともう数字遊び。とにかくデカい金額を言ったもん勝ち。どうせ実行段階になって誰も調べないもの。で、まさにこれをテレビやその他で伝えて、広西発展してますよー僕ら自治区政府も仕事してますよーと(党中央)にアピールすのがこのフォーラムの目的なんです。

このフォーラム、調印式のほかに一日半、政府関係者の紋切り型の挨拶や学者のプレゼン、パネルディスカッションが続いていくのだけど、その合間のコーヒーブレイクもまた面白い。会場の横にコーヒーサービスがあって、飲み物とケーキをサーブしてくれるのだけれど、休憩に入ったとたん僕ら来賓でなくて会場スタッフや記者が飲み物食べ物を占領してしまうのだ。僕らには座る場所すらない。

こういうのを見るとまだまだ田舎だなあって思う。客を呼んでおいて客をもてなさなくてはいけないスタッフが邪魔しているんもの。やっぱり自分たちのために開いているんだよねって感じてしまう。今年は南寧で初めての世界的なイベント世界ハーフマラソン選手権も10月に開催されるんだから、こんな表面だけのもてなしよりも呼んでいる客のことを考えてほしいよね。頼むよ!

広告

Written by shunsuke

2010年8月23日 @ 12:19 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。