人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

おのぼりさん上海万博を見に行く(前編)

leave a comment »

尖閣諸島(釣魚島)をめぐっていろいろゴタゴタしているけれど、そんな中仕事のパートナー10人、社員7人計17人を連れて上海万博見学に行ってきた。
 
17人のうち15人は初めての上海、3人は飛行機に乗るのも初めて。中国人17人が中国国内旅行をするのに、なんで僕が引率をしなくてはならないの?そんな疑問はさておき、工場視察も兼ねておのぼりさんで大都会に行ってまいりました。とはいえ目的は仕事のパートナーとの関係を深めるため。遊びじゃなくてあくまで仕事なのです。
 
初日はまず蘇州。数々の庭園が残る古都を貸切マイクロバスで見学していくわれわれ。ガイドさんがついて先導してくれるのだけれど、みんな思い思いの場所で記念撮影をするから、いつも気がつくと誰かがいない。そのたびに探し回る僕。僕も昔から団体行動が苦手だったけど、今になって団体行動の大切さが身にしみるよ。
 
 
二日目は杭州、西施ゆかりの西湖で遊覧船に乗る。少し雨が降って天気が悪かったけれど、それもまた風情があっていい。だけどあまりに水が汚くてげんなりした。2000年に来た時はもう少しマシだったんだけどなあ。ここではちょびっとお茶目に記念写真。
 
 
3日目からは真打ちの大都会上海へ。まずは474mの展望台を持つ上海環球金融センターでびっくり。ああ、首を直角にしないとてっぺんが見えないよ。見上げすぎて首が痛い・・・
 
 
そして南京路をぶらついた後は夜の黄浦江遊覧へ。ところがこの乗り場が、チケットを待つ団体旅行客であふれ返っていて、中国の人の多さに慣れたはずの僕もびっくり。中国の各地から万博目当てに毎日およそ50万人もの人が集まってきていて、そのついでに上海の観光をしていく。中国政府も上海万博の動員目標を立てているから、それに達しそうにない場合は政府関係の部署に通達が出て強制的に行くことになる。だけど上海のほかの場所はそれほどの人数を受け入れるように整っているわけではないから、自然と人があふれ返る。
 
 
発行される遊覧船のチケットを奪い合う各団体旅行のガイドたち。こうなってくると他人を押しのけた者勝ちだ。これはあまり目にしたくない光景だなあ。
 
 
万博編に続く。
広告

Written by shunsuke

2010年9月22日 @ 2:09 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。