人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY4:ピースフルな人々とその本音

leave a comment »

バガン3日目。この日は頑張って5時に起きイラワジ河の船から朝日を眺めるボートトリップに参加することに。いくらのんびり旅行とはいえ、たまには観光しないと、と気合いを入れて起きるもののあいにくの曇り空・・・残念。それでもイラワジ河から見た朝の景色は実に幻想的だった。

船着場に戻るとすっかり陽も高くなっていて、活気があふれていた。このイラワジ河は河口から800kmくらい上流にあるバガンでも川幅が1kmほどある巨大な河だ。今はまだ全然開発されていないけれど、将来的には貴重な輸送路にもなりえる。

おなかが減ったので船着場でごはんを食べることに。船着場のおねえちゃんに何かある?と聞くとカレーしかないけどいい?との返事。でもこのポテトカレーがほくほくのスパイシーで大当たり。中華っぽくもあり、インドのテイストにも強い影響を受けているミャンマー料理、中でもカレーは外れがなかったなあ。カレー最高!

ここのレストランはカレーだけじゃなくて、この美人姉妹も評判。左側のお姉ちゃんは32歳だけどまだ独身で一家を支えるためにホテルで働いている。「バガンはいいところだけどお金を稼ぐ手段がほとんどないの。ヤンゴンや他の国にも働きに行きたいわ」とのこと。聞くところによるとドバイとかの中東に出稼ぎに行く人も多いらしい。

食後にどう?と出てきたのはビンロウ。木の根っこか何かを葉っぱに巻いてかんでいくとしびれるような味がしてくる。東南アジアでみんな口の中を真っ赤にして噛んでいるやつだ。フィリピンでも試してみたけど、あんまりうまくない。

昼間は暑いので昼寝をし、午後3時過ぎ今日もレンタサイクルで遺跡に出かける。自転車でこいでいるとそこらじゅうで売られているタナカ。ゲッキツの木をゴマスリのようにすって水に溶かしたものをみんな顔に塗る。

自転車こぐのも疲れるのでひと休憩。ミャンマーのカフェではどこのテーブルにも無料のお茶とカップがこんな風に置いてあって飲むことができるのがうれしい。お茶の味はプーアル茶みたい。雲南も近いしここで取れる茶葉の味も近いんだろう。

途中NLD(National League for Democracy:アウンサウン・スー・チーさんの党)の元事務所らしき建物を見つけた。傾いた看板と壊れた家屋が現状を物語っているようで印象的だった。今度11月に選挙があるのだけれど、今回会って何人かに選挙とNLDについて聞いたのだけれど、誰一人たりとも感想すら話してくれなかった。口にするのもはばかれる。これが一見平和そうに見えるこの国の現状なんだろうな。

この日はイラワジ河沿いの遺跡に寄る。今日も青空がきれいだ。

パゴダはどこのパゴダもすばらしい。聞くところによると無数にあるバガンのパゴダの多くは個人の所有物で、今でも個人の土地に小さなものが建てられているらしい。もともとミャンマーの小乗仏教は少しでも金が溜まるとお布施をしたり自分でパゴダを建てることに使う人が多いとか。

この日もサンライズは昨日と同じShwesandaw Payaから。昨日とは違い鮮やかな夕日が差し込んで、また違った雰囲気だった。今こうして改めて見てもいつまでも眺めていたくなる風景だなあ。これで3 日間過ごしたバガンも終わり、翌朝の便でヤンゴン経由で中国です。

広告

Written by shunsuke

2010年10月14日 @ 1:53 AM

カテゴリー: 2010/09 Myanmar

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。