人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY8:緑の世界から茶色の街へ

leave a comment »

アルジェリア滞在最終日、朝7時くらいに雨どいをたたく雨の音で目が覚めた。最後の日が雨かあ。まるで今回のアルジェリアの旅をあらわしているかのようだ。

フライトが12時だったので、ゆっくり朝ごはんを食べるべく、昨夜行ったレストラン、Djurdjuraに行きゆっくり朝ごはんを食べる。カフェオレとサラダにバゲット。シンプルなんだけど、バゲットとサラダがおいしくて大満足な朝ごはん。

「おお、ジャポネ!今日も来たのか」と、まだ本当は開店していないのに大歓迎してくれて店に入れてくれたスタッフ。最後に温かいおもてなしをありがとう。ティパサでアルジェリアが嫌いになりかけたけど、スタッフたちのお陰でいい気持ちでアルジェリアを離れることができるよ。

朝ごはんを食べ終わり外に出ていたらすっかり雨が止んでいた。そういえば去年のチュニジアも朝だけ雨が降っていたっけ。この時期はこういう天気が多いのかも。アルジェの町並みはチュニスと同じで、ヨーロッパ風の建物が立ち並んでいる。アルジェリアと知らなければ、南欧と言われても気がつかないくらい。心なしかナポリに似ている。いや、ナポリくらいしか行ったことないだけか。

ホテルに戻ってパッキングをして空港に向かう。ティパサに泊まらずアルジェに来てよかった。出会う人たちでその土地の印象がこうも変わるものだということを再認識。逆を言えば、自分は日本代表なんだよね。今回も何人か初めて日本人に会ったという人たちに出会ったけど、そういう人たちにとって僕の印象が日本、そして日本人への印象になる。いつも心に留めておかないと。

空港に向かう道の途中、アルジェの中心街を通る。車窓から見る街なみは、歴史を感じる建物たちが整備されていて美しい。

空港に到着してチェックインカウンターに向かおうとすると、そこには見慣れた人民たちの列。よく見ると、「エアアルジェ、北京行き」との文字。アルジェから北京まで直行便があるのか。それだけ人の往来があるほどビジネスでの関係が進んでいるってことだろう。すごいよなあ。

彼らの一人と話したら、革命のふるさと陝西省延安から来ていた。年収の五倍の給料、10万元でやってきてビルの建設現場で1年半働いていたとのこと。このようにして石油などの天然資源と引き換えに中国は道路やビル、便宜を図ってくれた役人の住まい、時には街そのものまでもつくってしまう。アフリカの指導者、とりわけ独裁者にとってこれほど付き合いやすい国はないだろう。

飛行機は定刻どおり離陸し、定刻どおりにカイロ着。エジプト航空、結構しっかりしているかも。緑あふれてみずみずしいアルジェから3時間半かけて戻ってきたカイロは、茶色に覆われていてとても対照的だった。

イミグレを抜けると英語でMerry Christmas & Happy new year。フランス語とアラビア語だけのアルジェリアから来ると、異教徒の文化もこうして寛容に受け入れているカイロの街がものすごいコスモポリスに思えてきた(確かにコスモポリスではある)。

カイロでの宿はまったく決めていなかったので、空港にたむろしていたタクシーの客引きを捕まえ、ツーリストエリアまで連れて行ってもらうよう交渉する。すんなり場所も把握し、ダウンタウンまで60EGP(800円)で交渉成立。英語が通じるって幸せだなあ。

到着したのはNubian Hostel。受付スタッフがとても傲慢だったけど、ダブルで130EGP(1,800円くらい)とそれなりに安くてそれなりに清潔で、ダウンタウンの中心タフリール広場に近かったのでけっこうあたり。宿の下が屋台街になっていて、オープンエアのカフェやケバブスタンドが並んでいたのもうれしかった。

明日は午後5時のフライト。それまで時間あるので、ピラミッドでも見に行こう。

広告

Written by shunsuke

2011年1月18日 @ 5:03 AM

カテゴリー: 2010/12 Algeria

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。