人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

感傷と追憶のはざまで感じたこと

leave a comment »

昨夜、ふと南寧の街並みが夢に出てきた。やしの木が並んだ街の目抜きどおり。明け方まで若者でにぎわう屋台外。ビール片手に焼肉を食べながら、ツァイマー(華南地方のじゃんけんのような遊び)をする酔っ払いたち。

目が覚めた瞬間初めてそれが夢だったこと気がついた。不思議なものだ。あの熱気の真っ只中にいる街にいた頃は、一人そこで暮らしていくことが寂しくて仕方なかった。でも日本に帰ってきた今それを夢に見るくらいに懐かしがっている自分がいる。今日で日本に戻ってきてからちょうど5ヶ月。今となっては、南寧での1年4ヶ月はまるで夢の中にいたかのような感覚を覚える。

毎日通ったルオスーフェン屋の主人とおかみさんは元気かなあ?苦楽をともにした仕事仲間たちはしっかり仕事をやってるのかな?大学で一緒に野球をした仲間たちは就職できただろうか?みなこの5ヶ月間、それぞれの時間を過ごし、それぞれの道を歩いているんだろう。

いつか彼らに再会した時、お互い過ごした時間を誇りに思えるよう、僕も一歩一歩自分の道を歩いていこう。

広告

Written by shunsuke

2011年4月22日 @ 12:34 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。