人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY5: ギアナ高地とお別れ

with one comment

二日連続飲み明かしてけだるい朝、今日も湿ったにおいで目が覚める。寝ぼけ眼でホテルのレストランに向かうと、白いプレートに乗った朝食が出てきた。ベネズエラ名物で、とうもろこしの生地からつくられたパンのような食べ物、アレパ。

このアレパをマフィンのように二つに割ってチーズと卵をはさんで食べると、これがうまい!食べ途中でちょっと汚い写真だけどのせちゃいます。

朝食時の一こま。スペインのSusanaとベネズエラのMonicaもさすがに疲れ気味。昼間かなり身体を動かしている上、連日3時まで飲んでいたらそりゃ疲れるよね。

カナイマでの最終日は、午前中にカナイマの街の目の前に広がるカナイマ湖周辺の滝をめぐるツアー。宿からバスに乗り込みカナイマ湖へ向かうと、牧歌的なカナイマの街のようすが目に飛び込んできた。ここの街はベネズエラの中でもとても特殊だ。窓にガラスがなかったり、部屋の扉に鍵がなかったりする。外部からのアクセスが限られているので、平和が保たれているんだろう。この後訪れたカラカスとの対比が印象的だった。そんな平和なカナイマ、いいところだったなあ。


カナイマ湖に到着して、10人乗りくらいのボートで湖に繰り出す。滝は連日の雨の影響ですごい水量。ものすごい音を立てて怒涛のごとく茶色の水が流れ落ちていく。流れ落ちる水が巻き上げる水しぶきで前がよく見えないくらい。

10分ほどボートに乗って対岸に到着。水着にビーチサンダル姿で歩き始めるとガイドのペドロが急に歩みを止めて、何かをつかんで僕たちに見せてくれた。何か黄色と黒の石のようなもの。よく見るとカエルだった。ここギアナ高地では20億年前に一つの大陸だったパンゲアが分裂した時の大地が残っており、外から断崖絶壁によって隔絶された世界だったため珍しい生き物が残っていると聞いていた。今いるカナイマは断崖絶壁の上ではないけれど、ここでも珍しい生き物が多く生息しているのだとか。

そして、またしばらく歩くと今度は滝の裏側を歩くことができる場所にやってきた。これまで表から見てきた滝の裏側は、大声で叫んでようやく会話が成り立つくらいのすごい轟音。目の前に続く道を頭から水をかぶりながら100mくらい歩いて滝を通過する。

最後に滝のそばで記念撮影するVenezuelanaのMonica。こんなセクシーな医者がいるならグラナダまで行って入院したくなるな。

あらためて滝の上から辺りを見渡す。いつそのへんからティラノサウルスが出てきてもおかしくない、そんな光景だ。恐竜がいた頃と対して景色は変わっていないのだから、それも当たり前だね。

昼前にカナイマの街に戻り、丸二日行動を共にしたメンバーともお別れ。ロベルトにモニカ、セルゲイ。みんないいやつだったなあ。ロライマ山の麓、サンタエレーナまで行く旅行者は結局一人も現れず、僕は来た道をシウダーボリバルまで戻ることになった。帰りのセスナからは、デプイに降り注いだ前日の雨がいたるところで滝になって流れ落ちているのが見えた。

こうしてエンジェルフォールツアーも終わり。シウダーボリバルの空港では今まさに飛び立った瞬間のセスナを真上から眺める貴重な瞬間もあった。

ここからカラカスに戻る同行者のH。僕はロンリープラネットで面白そうだったオリノコデルタかアマゾンまで行くか悩んだ結果、陸路でマナウスまで行くことにした。ちょうどシウダーボリバルの空港に入っているエージェントで聞いたらブラジルとの国境、サンタエレーナまでの夜行バスが70VEF(10USD弱)だったので、購入。

夜の出発時間まで時間があったので、夕暮れ時のシウダーボリバルの街を散歩する。通りはあまり歩いている人がおらず、家は高い壁と柵、分厚い門で仕切られている。やっぱりなんか殺伐としている。これは絶対夜に出歩きたくないな。

風邪気味のHにフルーツを、と思いスーパーマーケットに行ったらサッカーボールがないかわりに、グローブとボール、そしてバットが売られていた。そうか、ここは数々の名選手を生んできた野球の国だった。日本で活躍した人だとペタジーニとかカブレラもそうだったね。

夜はHとお別れをし、バスに乗って一路サンタエレーナ・デ・ウアイレンへ。

広告

Written by shunsuke

2011年6月1日 @ 7:29 AM

カテゴリー: 2011/05 Venezuela

Tagged with

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] DAY3:川をさかのぼってエンジェルフォールへ DAY4:滝の真下で台風中継 DAY5: ギアナ高地とお別れ DAY6: 陸路で国境を越え、いざブラジルへ! DAY7: […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。