人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

僕は守りに入っていないか?

leave a comment »

5月、6月、7月と立て続けに3人の結婚式に出席した。

学校の友人だったり、旅先で出会って仲良くなった友人だったり、中国で出会った人だったり。3回の結婚式ともに、新郎新婦と同じ組織に属していたわけではなく個人的につながっていたので、出席者にほとんど知り合いがいない結婚式だった。

こういう式って困る。もともと知り合いがいないところに一人で乗り込んでいくのは勇気がいる。今日の服、変に思われていないかな?場違いじゃないかな?そんな不安を抱えながら行かなくてはいけないので、行く前は憂鬱になる。そんな風に見えないと言われるかもしれないが、実際そうなのだ。会場に入る時とか緊張するし、ウェイティングルームで話す人がいないとさびしいので、時間ぎりぎりに行ったりもする。

ただ今回3回の式ともに幸運だったのは、同じテーブルにとても魅力的な人がいたことだ。この年になると自分が好きな人、もっと話したいと思う人って、一言二言会話を交わせばなんとなくわかるもんだ。波長があうというか、うまがあうというか。こいつ面白いな、そう感じる新しい縁が毎回あることは幸せなことだ。

そんな出会いのたびに東京って人が集まっているんだなということを強く感じる。南寧にいた頃は同世代の日本人なんて僕も入れて4,5人くらいしかいなかった。南寧の例は極端すぎるけど、日本の中だけに限っても東京だと他の地域に比べて幅広い人に出会える気がする。同世代の刺激的な人に飛行機に乗っていかなくても会いに行くことができる。これはすばらしい。

結婚式で会っても接点がなければその場かぎりになってしまうことが多いと思う。せっかく東京にいるのだから、せっかく刺激的な人との出会いがあるのだから、東京にいられる間にその場かぎりでなくどんなに薄くてもいいからつながりを持って、刺激をあげたりもらったりすることのできる関係を築いていきたい。

まずは、相手からもそう思ってもらえるよう、アンテナを張って日々を生きていかないと。

広告

Written by shunsuke

2011年7月11日 @ 2:04 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。