人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY9: 言葉と態度からにじみ出る品の良さ

with one comment

アフリカを離れる朝、7時台の飛行機に乗るため4:15に起床する。5時に来るように事前にタクシーを呼んでおいたのだけど、しっかり時間通りにやってきてスムーズに空港へ向かうことができた。ちらっと旅行に来たくらいではわからないけれど、今回の旅行を通じてツアーや車の手配でいラッとすることがまったくなかった。アフリカ南部の英語圏は欧米のツーリストが多いこともあるだろうけど、観光業に限ればそれだけしっかりマネジメントされているんだろうな。

最後の日も雲ひとつない快晴の青空。チェックインで1時間くらいかかったけど無事にナミビアを出発してヨハネスブルクに向かう。

ヨハネスブルクでシンガポール経由で帰るLと別れ、僕はバンコクへ向かう。世界一危険な街、ヨハネスブルクは空港を降りずに終わったけど、仕事でも深いかかわりがある国なのでまた来ることもあるだろうな。空港でワールドカップ時に注目されたブブセラといまだにシンボルとなっているマンデラさんが印象に残った。

バンコクへ向かう機内で隣に上品そうな白人の老夫婦が座っていたのでゆっくり話をすると、退職記念に40年ぶりにタイを訪れる途中だった。新婚だった今から40年前に船でタイ、香港、日本へ訪れたという。その時に訪れた国々の風景や人々との思い出を、特に京都の寺と山の独特な美しさを今見てきた景色かのように語ってくれたのがうれしかった。何十年経っても色あせないそんな思い出を持っていられるのって、素敵だな。

二人と話していて強く感じたのが話す英語の丁寧さ。乗務員に対しても目を見て”Thank you”と一言ひとこと心を込めて伝えていたのが印象的だった。ずっと工務店で働いてきた旦那さんと中学の先生をしていた奥さん、特にお金をたくさん持っているわけでもとびきりの教育を受けたわけでもない。だけど、二人の態度や言葉からにじみ出てくる品の良さって、心に残るもんなんだね。きっと多くの出会う人たちにさわやかな印象を残していくんだろうな。僕はとても短気で、急いでいる時やイライラしている時、すぐに語気が荒くなってしまう。すぐにはなれないと思うけど、この二人のように相手を気遣う余裕を持てるようになりたい。

今回久しぶりにタイ航空に乗ったけど、ごはんはやはりおいしい。特に南国だけあってフルーツが充実していて心地よいフライトだった。

広告

Written by shunsuke

2011年12月23日 @ 4:29 PM

カテゴリー: 2011/09 Southern Africa

Tagged with

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] DAY7: 赤と白と青の不思議な世界 DAY8: Deadvlei、再び DAY9: 言葉と態度からにじみ出る品の良さ DAY10: 11年ぶりのママズ・ゲストハウス訪問 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。