人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

あなたは部品ですか?それとも人間ですか?

with 2 comments

今年で社会人6年目、つい先日12月1日付でまた新たな辞令が出て、研修も含めると6回目の部署異動になった。6年目ともなれば、会社の体質がわかってきて、できることとできないことがはっきりとわかってくる。特に去年の後半から歯車がうまく回らなくなっていて、今年の秋にはもどかしさが頂点に達していた。そんな時に、池井戸潤さんの「鉄の骨」を読んだ。

ゼネコンの建設現場から談合の現場に異動になり、自分の理想を抱きつつも業界の現実を知らされ、理想と現実の狭間で揺れ動く主人公。主人公の彼女が、同じ職場の先輩に惹かれていく姿も含めてまるで少し前の自分を見ているかのような話だった。心の弱いところをほじくり返される、そんな感じ。そんな話の中、主人公の同僚が吐いたこのセリフがぐさっと心に刺さった。

「サラリーマンは部品だ。だけど、単なる部品じゃない。同時に私たちは人間だ。サラリーマンである以前に人間なんだ」その通り。組織としての論理や理屈も大切だけど、それ以前に感情を持った人間として関わる人と接していきたい。人間としての尊厳と矜持を大切にしていくことができる人、組織と共にワクワクする時間を共有していきたい。この言葉で、自分の中で大切なものの位置づけがはっきりした気がした。大げさかもしれないけど、すっと肩の荷が降りた気がしたんだ。

この言葉を心に留めながら、来年はそろそろ仕事で目に見える形で結果を残していきたい。貪欲に言うべきことは言い、周到に準備をし、何とか頭の中で描いたことを実現させたい。会社のお金と名前を使って自分がやってみたいなと感じたことを形にする、僕はそのためにサラリーマンになったんだ。

「何のために仕事しているんだろう?」そう悩んでいるアナタ、「空飛ぶタイヤ」「鉄の骨」「下町ロケット」大企業に立ち向かうサラリーマン三部作、おすすめです。

空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ

posted with amazlet at 11.12.24
池井戸 潤
実業之日本社
売り上げランキング: 18322
鉄の骨

鉄の骨

posted with amazlet at 11.12.24
池井戸 潤
講談社
売り上げランキング: 10431
下町ロケット
下町ロケット

posted with amazlet at 11.12.24
池井戸 潤
小学館
売り上げランキング: 76
広告

Written by shunsuke

2011年12月24日 @ 10:56 AM

カテゴリー:

Tagged with

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 生きる目標、仕事に就く目的をしゅんさんほどはっきり持っている人を知らない。
    旅を姿を思い浮かべても、一歩一歩を確実に刻んでいる気がする。
    これから先、どんな人生を歩んでいくのか、楽しみにブログを読ませていただきます。

    石川裕子

    2011年12月28日 at 2:24 PM

    • コメントありがとうございます。
      もったいないお褒めの言葉をいただき恐縮です。ほめすぎですよ、それは(笑)
      最近は仕事で感じていること、悩んでいることを書く機会があまりないですが、
      6年前に仕事を始める前からこうして自分の気持ちを言葉として整理する場があって
      よかったなと、最近思うようになりました。
      やっぱり生きるからには楽しい人生を送りたいので、これからもやりたいことは貪欲に実現させていきたいと思います。
      ということで、引き続きよろしくお願いしますね。

      shunsuke

      2012年1月14日 at 9:15 PM


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。