人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

DAY11: Venezuela, hasta proxima vez!!

with one comment

カラカス滞在最後の日、昨日は結局丸一日時間があったのにマクドナルドさえも閉まっていて、観光らしいことは何もできなかった。帰りのフライトが今日の午後なので午前中せめて見所を見ておこうと、早起きしてお出かけする。人が少ない朝の街を歩くと、昼間ではあまり気がつかなかったものに目がいく。こんなすばらしい絵が描かれた電話ボックスもそのひとつ。左のやつはモザイクがに見えるように描かれていたりして、びっくり。これ、たぶん落書きなんだよね。

カラカスで一番行きたかったシモンボリバルの生家に再チャレンジするものの、またもやクローズで再撃沈。再チャレンジで思い出したけど、安倍さんが総理大臣の時にさかんにアピールしていた「再チャレンジ制度」、最近めっきり名前を聞かなくなったけど、どうなったんだろう?

そんな疑問はさておき、仕方ないので昨日も行ったAltamiraに行く。なんで同じところにまた行くのかというと、他の地区はあまりいい話を聞かないから。すっかりびびってる。そんなAltamiraで美術館を発見。広い庭の中に植民地時代の独立戦争のようすを描いた絵が展示されていた。これは支配者たちに処刑されるインディオたち。かなりダイレクト

こちら側は奴隷として連れて行かれる様子。現在の施政者の治世が、植民地時代の圧制から解放したその道の延長上にあるというのが、多少なりとも政権の正当性につながっているのかな?もしそうだとしたら、その発想と手法って日本軍の残虐さを強調し続ける中国政府とそっくりだ。

以上、カラカスの観光はこれで終わり。丸二日いたけど、ビビッていた上ニューイヤーでいたるところが閉まっていたので、ロライマの疲れを取ること中心の滞在だった。たまにはそんな休日もいい。最後はSabana Grandeのカフェでフレッシュストロベリーとローカルフードでゆっくりと昼ごはん。これってエンパナーダだっけ?

帰り便はエアカナダの時間変更があったせいでコロンビア経由。コロンビア、なんかとっても危険な匂いがする国だよね。2時間しか時間がなかったので空港だけだったけど、南米一の美女の産地との評判も高く、いつかゆっくり来てみたい。

東京へはトロント経由で翌日の午後に到着。この正月もかけがえのない思い出ができた。ベネズエラで出会ったすべての人に感謝、特にアレックス!最高だったよ。Hasta proxima vez Venezuela!!

広告

Written by shunsuke

2012年6月23日 @ 7:12 PM

カテゴリー: 2011/12 Roraima Trek

Tagged with ,

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] ■日記 DAY1: 遥かなるロライマ DAY2: ふるさとは遠きにありて思ふもの DAY3: 国にあふれるシモン・ボリバルたち DAY4 ロライマトレック1日目: 左手にクケナン、右手にロライマ DAY5 ロライマトレック2日目: ロライマ登頂! DAY6 ロライマトレック3日目: 20億年前から止まった世界を歩く DAY7 ロライマトレック4日目: てっぺんから下界を望み、感慨にひたる DAY8 ロライマトレック5日目: さよならロライマ DAY9:カラカスで年越しサルサライブ DAY10:ビバ!社会主義! DAY11: Venezuela, hasta proxima vez!! […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。