人に学びて、自然とともに生きる

Never stop exploring, Keep your curiosity fresh

文化を残していくこと

leave a comment »

先月のこと、東京国立美術館で開かれていたボストン美術館展を見にいった。

ボストン美術館展 日本美術の至宝 http://www.boston-nippon.jp/

始まった時から気になっていて行こう行こうとしていたものの結局最終日の6月10日にようやく見にいくことができた。「日本美術の至宝」との副題がついているこの展覧会、ボストン美術館は日本国外で随一の日本美術コレクションを持ち、それが今回海を渡って日本に戻ってきた。

展示は奈良平安時代の仏絵から絵巻、仏像から刀や着物までそろっていて、すべて丁寧な補修が施され素晴らしい展示だった。インドの影響か鮮烈な赤の使い方が印象に残った菩薩像、何もない空間に色々なものを想像させる水墨画。中でもふすまに大胆に描かれた曽我蕭白の作品は「奇才」の名にふさわしく250年後に作品を見ている僕らにまで、彼の感情と情熱が伝わってくる作品だった。

なんでボストンにそんなたくさん貴重な美術品があるんだろう?今回の展示を見るまでは僕はそんな疑問を持っていた。サザビーズのオークションで問題になったフランスと中国の話もあったし、本来日本にあるべきものなんじゃないかとそう思っていたりもした。展示会場の説明によると、今ボストン美術館に収蔵されている美術品は明治期にその価値を見出した米国人が購入してアメリカに持ち帰ったものらしい。

明治の時代に購入されたそれらの美術品は、今考えるととても安い金額で購入されていたと言えるのかもしれない。だけど、見事に修復され、当時の鮮やかな色彩が再現された絵巻を見ていると、アメリカに渡ったからこそこんなにいい状態で保存されていたんだろうなと思えてきた。満州事変から日中戦争、太平洋戦争へと突き進み、本気で一億総玉砕と叫んでいた時代にこれら美術品を損なわずに保管していく余裕があったとは思えない。戦争末期に空襲で焦土と化した日本で、紙に描かれた絵画や木造の仏像が焼け残る確率のほうが低かったかもしれない。

燃えたり傷ついたり。そんな直接的に被害を受けることもあるだろうし、余裕がなくなって適切な管理ができなくなるという間接的な被害もある。文革のように時に古い文化自体が攻撃の対象となってしまうこともある。戦争や内紛はその国の政治経済や人命だけでなく、積み重ねてきた文化遺産も壊してしまうんだ。

東京での展示は終わってしまったけど、名古屋、福岡、大阪ではこれから開催するので、近くの方はぜひ。

6月23日~12月9日:名古屋ボストン美術館
2013年1月1日~3月17日:九州国立博物館
2013年4月2日~6月16日:大阪市立博物館

広告

Written by shunsuke

2012年7月8日 @ 5:00 PM

カテゴリー: エンターテイメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。